そもそも、不調の根本的な原因とは?

そもそも、不調の根本的な原因とは?

不調の原因は、「自律神経の乱れ」「血行不良」です。

痛みやシビレなどの不調は、ストレスや不安要素により生理機能が低下し、自律神経が乱れて筋肉・血流に悪影響が及ぶことが原因で起こっています。

「自律神経の乱れ」と「血行不良」の原因には、

  • 精神的ストレス
  • 肉体的ストレス
  • 疲労の蓄積
  • 悪い姿勢(日常生活動作)
  • 睡眠不足(量と質)

などが考えられます。
不調を一時的に改善するだけでは、時間が経てば再発を繰り返し、いつまでも通院生活から抜け出すことはできません。

「自律神経の乱れ」と「血行不良」まで解消することで、不調を改善に導くだけでなく、再発しない身体づくりをすることができます。

不調が起こる流れのイラスト