腰痛、肩こりで整体をお探しなら成増の「安井整体院」におまかせ下さい!のべ7万6000人以上を施術させていただいた経験豊富な院長がすべての方を担当します。

成増の整体なら

安井整体院

住所:〒175-0094 東京都板橋区成増2-10-24 グランコート成増201
アクセス:東武東上線 「成増駅」 徒歩2分、「地下鉄成増駅」 徒歩2分

受付時間:9:30~20:00                    (土曜9:30~13:00)
定休日:日曜・月曜     
※その他臨時休業日あり 
※祝日は不定休   

完全予約制で待ち時間ゼロ!

0120-760-925

スマートフォン、携帯からでもOK

柔道整復師(柔整師)の歴史

柔道整復術の歴史はとても古く、日本の奈良時代にまでさかのぼります。

日本史上の初めての律令である『大宝律令(たいほうりつりょう)』に、すでに骨、関節の損傷(外傷)を取り扱う官職についての記載があります。


また、日本最古の医書に全30巻の『医心法(いしんぼう)』という古文献があります。

この『医心法』は、全て漢文で書かれてるそうですが、当時の、中国(唐代)に存在した膨大な医学書を引用してあり、文献史上・国学史上・書道史上から大変重要視されている古文献になっています。

その『医心法』第18巻に、脱臼、骨折、打撲、創傷などについて詳細に記載されています。その後の、多くの療術・法術や武術・剣術などの流派も、大元はここの部分からの派生がほとんどと言われています。


時は流れ、戦国時代の書物には『殺法』・『活法』に関する記述が多く登場するようになります。

『殺法』は攻撃技(=武技)そのものです。剣術・忍術・柔術・戦闘術等々 沢山の『殺法』が編み出されていくこととなります。柔術でいえば、当身技、投技、絞技、関節技、固技が殺法に属します。

正対する『活法』は、傷ついた者の治療法(=手当て)です。活法にも様々な流派の者がありますが、こと柔術に関して言えば、骨折、脱臼、打撲、捻挫などの外傷を治すものや、出血、仮死者に対する蘇生法なども含まれています。

時代の変遷とともに、『殺法』は様々なジャンルの武術の流派において研究されていき、保健や精神修養の手段となっていっています。

その技を競技や運動として楽しむ『スポーツ』の中にも組み入れられていっています。

一方、『活法』は、医療の一部として柔道整復術へと発展して今日にいたっています。


柔道整復術には海外の医学も大きく影響しています。日本の文化そのものの歴史の話と同じく、仏教伝来以降、中国や朝鮮、中近東の医療技術も伝えられたと考えられています。特に中国の影響は大きいようです。

16世紀中ごろには南蛮(スペイン、ポルトガル)流の医学が伝わり、それ以降19世紀にかけ、オランダ医学を中心としてイギリス、ドイツ、フランスなどの科学、医学も導入されました。

これら東西の医学に日本独自の研究成果を加え、江戸時代末期に柔道整復術が体系化されていったといえましょう。徳川家による平和な江戸時代が長く続いたことで、柔術や剣術といったものの研究・研鑽も大きく進んだものと捉えられています。


明治維新以後、西洋を万能とする医療制度改革が行なわれはじめます。

柔道整復術は、苦難の道に入る時代となっていきます。


明治7(1874)年の「医制」の制定、明治14(1881)年の漢方医学の廃止に伴って接骨術はほとんど顧みられなくなりました。

明治18(1885)年の内務省通達「入歯、抜歯、口中治療、接骨営業者取締方」によって既得権者も医術開業試験を受けることになったため、接骨業者は激減し、接骨業はほとんど壊滅状態に。

その後、明治45(1912)年、柔道家による接骨業公認運動が開始。

大正2(1913)年には、各流派の柔術家が「柔道接骨術公認期成会」を結成し、復活運動を行う。

これらの運動により、大正9年、内務省令により「按摩術営業取締規則」を準用する形ではありますが、「柔道整復術」という名称で公認され、同年、第1回の資格試験が施行。


昭和22(1947)年に「按摩、はりきゅう柔道整復等営業法」が制定され、この法律では免許資格における柔道の必要性はやや後退。現在の柔道整復師法はこの法律が原点になっています。

その後、昭和26(1951)年の文部厚生共同省令により、柔道整復師、はり師、きゅう師は養成学校を卒業して資格試験を受けることに。学校養成施設による柔道整復師の養成が始められ、学校教育による免許制度が制定されました。


昭和45(1970)年、従来の「あん摩、はりきゅう柔道整復師法」から分離して「柔道整復師法」として単独法に。


平成元年(1989)年、柔道整復師の資質の向上と教育内容の充実を図る目的で、「柔道整復法」が40有余年ぶりに大改正。

この改正で、試験及び免許に関する事務権限が、都道府県知事から厚生労働大臣に変更。

平成5(1993)年に第一回の国家試験が実施され、以降、毎年1回の試験が開始。


そして、現在に国家試験制度に到っています。

カイロプラクティックや、新しい整体技術等の流入で、現代における、柔道整復師による柔道整復術も、大きな転換期を迎えてきているといっても過言ではないかと思います。


ここの部分は、わが身にかえっては、今後の自分自身の研鑽・修養・習得の部分ですから、ある意味楽しみな部分でもあります。

ご縁があって来院された方々には、最高の施術・技術の提供をさせていただく。これが私自身の柔道整復師としての、一番の大切に思っているところになります。

(参照文献:「柔道整復理論」社団法人 全国柔道整復学校協会監修 南江堂)

総合整体コース(全身の調整)
~腰痛、肩こり、頭痛、不眠、慢性疲労 etc.

初回限定割引実施中

通常料金6,500円のところ

初回限定5,000(税込)

骨盤矯正コース
~産前・産後。スタイル、ゆがみが気になる方。

初回限定割引実施中

通常料金6,500円のところ

初回限定5,000(税込)

ご予約はこちら

お気軽にお電話ください

スマートフォンからでもOK!

0120-760-925

受付時間:9:30~20:00

    (土曜9:30~13:00)

定休日:日曜・月曜

※その他臨時休業日あり 

※祝日は不定休

友だち追加

「 安井整体院【予約】」と表示されます。ご登録後、すぐにご予約いただけます。

※初回限定LINE予約でHP特別割引よりさらに500円OFF!

※予約専用アカウントは上記の緑枠のものとは別のアカウントです。

お問合せはこちらへ

当院についてご不明点などございましたら、

お問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

  • 肩こりがひどくて困っています。
  • 長年の腰痛に悩んでいるのですが…
  • ボキボキやパキパキはありますか?
  • 妊娠中 (妊婦) でも大丈夫ですか?
  • 料金について教えて下さい。

このようなご質問、ご相談でも構いません。
お問合せをお待ちしております。

受付時間:9:30~20:00 (土曜日9:30~13:00)

定休日:日曜・月曜 

※その他臨時休業日あり。 ※祝日は不定休

安井整体院

スマートフォンからでもOK! 

0120-760-925

受付時間:9:30~20:00 
     (土曜日9:30~13:00)

定休日:日曜・月曜
  ※その他臨時休業日あり ※祝日は不定休

〒175-0094
東京都板橋区成増2-10-24 グランコート成増201

※当院は看板等、目印になるものがございません。
プライバシー重視の方針のためご了承ください。

アクセス・地図はこちら

当院について

初めてご来院される際の注意点があります。ご予約される前に必ずお読みください。

当院の整体は、体を根本的に改善することを目的とした「治療」専門の整体です。

当院に関するご案内と、実際にご来院されたときの治療の流れを紹介しています。

成増で肩こり・腰痛などで整体をお探しなら、成増駅から徒歩2分の「安井整体院」におまかせください。のべ7万6000人以上の方を施術させていただいた実力派の院長が、責任を持ってすべての方の施術を担当させていただきます。
頭痛・不眠でお悩みの方、カイロプラクティック、骨盤矯正をお探しの方、マッサージが体に合わない方、下赤塚(赤塚)や東武練馬などの板橋区のほか、練馬区、和光市、朝霞市、新座市の方もお気軽にお越し下さい。

ご予約はこちら

スマートフォンでもOK!

0120-760-925

受付時間:9:30~20:00
  (土9:30~13:00)

定休日:日曜・月曜
 ※その他臨時休業日あり

※祝日は不定休

ご予約フォームはこちら

みなさまの声
※個人様のご感想であり、効果効能を保証するものではありません。

とにかく、感動しました
S・Nさん (30代女性)

気持ちまで軽くなります
E・Sさん (50代女性)

当院について

安井整体院

0120-760-925

seitai@yasuiseikotuin.jp

〒175-0094
東京都板橋区成増2-10-24 グランコート成増201

東武東上線 「成増駅」 徒歩2分
「地下鉄成増駅」 徒歩2分

院長プロフィールはこちら

アクセス・地図はこちら

下記の地域から
来院いただいています

板橋区を中心に、東京都
(練馬区、豊島区、新宿区、渋谷区)、埼玉県 (和光市、
新座市、朝霞市、志木市、
川越市) など